イベント&ニュース Event & News

旧居留地内イベント

特別展 東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

  • 開催日:[前期]4月24日(土曜)~5月16日(日曜) [後期]5月18日(火曜)~6月6日(日曜) ※障壁画は通期展示。会期中、スケッチや下図など関連資料の展示替えを行います。 休 館 日 月曜日(ただし5月3日(月曜・祝日)は開館)
  • 場所 :神戸市立博物館
  • 料金 :前売(販売期間:3月1日~4月23日)/一般:1,400円、大学生:600円 当日/一般:1,600円、大学生:800円、高校生以下:無料
  • LINK :https://kaii2021.exhn.jp/

神戸市立博物館では、2021年4月24日(土曜)から6月6日(日曜)まで、特別展「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」を開催いたします。
横浜で誕生し、3歳の年から東京美術学校に入学するまでの少年時代を神戸で過ごした東山魁夷(1908-1999)。東山は、著書『わが遍歴の山河』において、「私の少年時代が幸福であったと今でも思えるのは、神戸には山があり海があったからです」と回顧しています。風景画を描き、国民的画家となった東山の制作の原点は神戸に求めることができるかもしれません。
このたび本展で紹介する唐招提寺の障壁画においても、東山は、《山雲》と《濤声》に、日本の国の山と海の美しさと深い精神性を豊かに表現しています。唐招提寺御影堂の障壁画は、鑑真和上の命日にちなんで行われる開山忌舎利会の数日間しか公開されることがありませんが、本展では全68面の障壁画を、制作過程を示すスケッチや下図とあわせて展示します。完成に至るまでの制作過程と東山の長年の宿願であった水墨による障壁画の壮大さ、鑑真和上に捧げた祈りの美に触れていただくことができるまたとない機会となります。

会期/2021年4月24日(土曜)~6月6日(日曜)
[前期]4月24日(土曜)~5月16日(日曜)
[後期]5月18日(火曜)~6月6日(日曜)
※障壁画は通期展示。会期中、スケッチや下図など関連資料の展示替えを行います。 休 館 日 月曜日(ただし5月3日(月曜・祝日)は開館)
開館時間/9時30分~17時30分
※金曜・土曜日は19時30分まで
※入場は閉館の30分前まで
主催/神戸市立博物館、日本経済新聞社、テレビ大阪、神戸新聞社
特別協力/唐招提寺
協力/長野県立美術館(旧長野県信濃美術館 東山魁夷館)
協賛/カシオ計算機、竹中工務店、公益財団法人日本教育公務員弘済会兵庫支部
<入 場 料>
前売(販売期間:3月1日~4月23日)/一般:1,400円、大学生:600円
当日/一般:1,600円、大学生:800円、高校生以下:無料

一覧へ戻る
  • 旧居留地40番地 大丸 神戸店
  • ホテルヴィアマーレ神戸
  • 神戸旧居留地 高砂ビル
  • 日本ビルヂング
  • 神戸市立博物館
  • 日本真珠輸出組合
  • らんぷミュージアム
  • KOBEとんぼ玉ミュージアム
ページトップへ戻る