イベント&ニュース Event & News

旧居留地内イベント

特別展・建築と社会の年代記―竹中工務店400年の歩み―【神戸市立博物館】

  • 開催日:2020年1月11日(土曜) ~ 2020年3月1日(日曜)  休館日/月曜日(ただし、1月13日(月曜・祝日)、2月24日(月曜・振休)は開館)、1月14日(火曜)、2月25日(火曜)  開館時間/ 10時~17時(入館は16時30分まで) ※毎週土曜日は21時まで開館(入館は20時30分まで)
  • 場所 :神戸市立博物館
  • 料金 :入場料 一般1,000円(800円) 大学生500円(400円) 高校生以下無料  ※( )内は前売及び20名以上の団体料金。  ※本展観覧券でコレクション展示室の料金が割引になります。  ※神戸市内在住で満65歳以上の方は、当館券売窓口にて証明書類の提示により当日一般料金が半額。 ※障がいのある方は障がい者手帳などの提示で無料。
  • LINK :https://www.kobecitymuseum.jp/exhibition/detail?exhibition=351

 明治32年(1899)、工匠の竹中藤右衛門が、神戸の地に竹中工務店を創立しました。竹中家と建築の関わりは、今から400年以上前、織田信長の普請奉行を務めた竹中藤兵衛正高にまで遡ることができるといいます。以来、竹中家、そして竹中工務店は、現在に至るまで多くの建築を施工して、人々の暮らしと文化を支えてきました。
 本展では、竹中工務店と、その前身である工匠時代の竹中家が手がけた多様な建築を、建築と人間との関わり方という視点で8つの「かたち」(Ⅰはじまりのかたち、Ⅱ出会いのかたち、Ⅲはたらくかたち、Ⅳ夢を追うかたち、Ⅴ感性を育むかたち、Ⅵ暮らしのかたち、Ⅶ時を紡ぐかたち、Ⅷみんなのかたち)に分類して紹介します。豊富な建築関係資料と、歴史資料、美術資料を組み合わせて、建築の特徴と、人々と社会による受容のあり方を検証し、時を超えて受け継がれてきた建築の多様な魅力を感じていただけるような構成としています。

 

 

         大阪朝日新聞社 藤井厚二図面(時計塔) 竹中工務店蔵

                               大阪朝日新聞社 藤井厚二図面(文字盤) 竹中工務店蔵

 

主催/神戸市立博物館、神戸新聞社、朝日新聞社

後援/サンテレビジョン、ラジオ関西、Kiss FM KOBE

特別協力/株式会社 竹中工務店、公益財団法人 竹中育英会、公益財団法人 竹中大工道具館、公益財団法人 ギャラリーエークワッド 協力 世田谷美術館

 

一覧へ戻る
  • 旧居留地40番地 大丸 神戸店
  • ホテルヴィアマーレ神戸
  • 神戸旧居留地 高砂ビル
  • 日本ビルヂング
  • 神戸市立博物館
  • 日本真珠輸出組合
  • らんぷミュージアム
  • KOBEとんぼ玉ミュージアム
ページトップへ戻る