イベント&ニュース Event & News

開催終了

展覧会「和(なごみ)のガラス―くらしを彩ったびいどろ、ぎやまん」【神戸市立博物館】

  • 開催日:2020年10月3日(土) ~ 2020年11月23日(月) 10時~18時 ※金曜日は20時、土曜日は21時まで開館 ※入場はそれぞれ閉館30分前まで
    休館日:月曜日 ※11月23日(月曜・祝日)は開館
  • 場所 :神戸市立博物館
  • 料金 :当日一般1,000円(800円) 大学生500円(400円) 高校生以下無料  ( )内は20名以上の団体料金
  • LINK :https://www.kobecitymuseum.jp/exhibition/detail?exhibition=359

現在の私たちが生活する中で、ごく当たり前の存在となっている「ガラス」。日本で本格的に製造が始まったのは17世紀半ば頃とされます。江戸時代のガラスは、“びいどろ”、“ぎやまん”と呼ばれ、当時輸入されていたヨーロッパ製のガラスや洋書を参考に発展していきました。

 

職工たちは、限られた情報の中で製造にあたっていたにも関わらず、食席を飾る器、酒宴に花を添える盃、笄(こうがい)や櫛といった装身具や装飾品、室内を彩る調度品をはじめ、ヴァラエティ豊かなガラスを製造しています。“びいどろ”“ぎやまん”には、かたちにゆがみがあるもの、青色や黄色味を帯びた無色のガラス器も少なくありません。これらの和ガラスが持つ素朴で、自然な造形は、私たちの心を惹き付けるのです。

 

本展では、江戸時代から明治時代の人々のくらしを彩った160件の“びいどろ”“ぎやまん”をご紹介します。箱書きや文献資料を読み解くことで、当時の人々がどのようにガラスを味わい、楽しんでいたのかを浮き彫りにすることも目的の一つとしています。素朴さや穏やかさといった特色をもち、見るものを和(なご)ませる、和(わ)ガラスの魅力に触れる機会となれば幸いです。

 

 

 

※新型コロナウイルス感染症に関して
今後の新型コロナウイルス感染状況を踏まえて、展覧会の中止、ならびに関連イベントを中止させていただく場合がございます。随時、神戸市立博物館公式HP・Facebook・Twitterにてお知らせいたしますので、ご来館の際は最新情報をご確認ください。
楽しみにしてくださっている皆様には申し訳ありませんが、予めご了承のほどお願いいたします。
神戸市立博物館公式Facebook:@kobemuseum 公式Twitter:@ kobemuseum

一覧へ戻る
  • 旧居留地40番地 大丸 神戸店
  • ホテルヴィアマーレ神戸
  • 神戸旧居留地 高砂ビル
  • 日本ビルヂング
  • 神戸市立博物館
  • 日本真珠輸出組合
  • KOBEとんぼ玉ミュージアム
ページトップへ戻る